Q1

不動産を売却するだけで税金がかかることを知っていますか?

かかってくる税金を大きく分けると3つの種類があります。
一つ目が売買契約書に貼付する収入印紙の印紙税です。税額は不動産売買契約書の記載金額に応じて変動します。
二つ目が不動産譲渡所得税です。不動産を売却し、利益が生じた場合には、その譲渡所得に対して、所得税および住民税がかかります。
三つめが抵当権抹消登記の免許税です。この税金は抵当権が設定されている場合にのみかかるものです。1物件につき1000円かかります。

Q2

不動産を売却するのに費用がかかることを知っていますか?

税金以外にも様々な費用がかかります。
例えば、不動産業者を仲介とする物件では一般的に仲介手数料がかかります。それ以外にも、物件を担保に金融機関から融資を受けている場合に、抵当権などの権利が設定されていることがあります。この場合手続きとして権利の抹消の登記を行います。
この費用は権利の種類や数によるので不動産業者への確認が必要です。さらに、引き渡しの準備にも変更登記などにも費用がかかる等、様々な場面に多くの費用が必要です。

Q3

不動産を売却するための仲介会社との契約方法が複雑あることを知っていますか?

仲介会社との契約には、3種類の媒介契約があります。
一つ目が専属専任媒介契約です。専属専任媒介契約とは一つの不動産会社だけに売買を任せるという契約であり、他の不動産会社への依頼も自分で買主を見つけることも出来ません。
二つ目が専任媒介契約です。この契約では、専属専任媒介契約ではできなかった自分で買主を見つけることが出来るようになります。
三つめが一般媒介契約です。この契約では、何社にでも同じ不動産の売却依頼ができます。

Q4

不動産の売却額を知るためには
一括審査がオススメって知っていますか?

一括査定の最大のメリットは複数の業者に一括で依頼が出来ることです。
複数社分の依頼を一括で提出できるため一社ずつ査定依頼を出す手間を省き、複数社の査定を見ることが出来ます。業者には高い値段をつける業者から低い値段をつけてくる業者もいるので、それらを考慮してその不動産の相場観の「平均値」を知ることが出来ます。このメリットを生かすことで業者のうちの一社だけの言いなりにならなくて済み、騙されにくくなるのです。